『扁桃腺.com』- 気になる扁桃腺炎の原因や症状 -

扁桃腺

扁桃腺.com

扁桃腺が腫れてるかも?と思いの方や気になる方にとってはそれがどんな症状が起こっていて原因がなんなのか?心配になりますよね。そういった不安を抱える人にとってより有益な情報を掲載できるように立ち上げたのが『扁桃腺.com』です。気になる記事や役立つ情報があれば幸いです。

扁桃腺について 扁桃腺といわれるものは、正式には口蓋扁桃と呼ばれ、のどの両側にある体のリンパ組織の一部です。

リンパ組織は体をウイルスや細菌などの外敵から守る免疫反応を起こす重要な働きを担っていて、外敵と反応して炎症を起こします。
扁桃は免疫に関係する臓器で、口蓋扁桃以外に、咽頭扁桃(別名 アデノイド)、舌扁桃、耳管扁桃などもあります。

急性炎症などは抗生剤などの投与で治りまが、昔ほど安易に扁桃腺を摘出することはなくなりましたが、扁桃炎を繰り返す方は注意が必要です。

扁桃は免疫に関係する臓器ですから、手術で摘出してしまうと、免疫の機能に影響がでるのではないかということが危惧されます。

口蓋扁桃が大きく肥大したものを扁桃肥大といいます。扁桃は一般には炎症をおこすと大きくなります。

「扁桃腺炎」に特有の検査はありませんが、症状と、のどの奥にある扁桃の状態を観察することによって診断されます。

薬物治療では原因となった細菌に対して抗生物質、発熱や痛みに対して消炎鎮痛薬を5日間程度、扁桃の炎症を抑えるのに

普通の扁桃炎は細菌感染により引き起こされる炎症で、「急性扁桃炎」では扁桃が赤く腫れ、膿を持ったり、激しい痛みを伴います。

扁桃腺の関連情報 扁桃が関わる疾患としては扁桃自身の病気、炎症と、扁桃自身の炎症は起こしていなくても扁桃からの刺激により他の臓器に炎症を及ぼす扁桃病巣感染症があります。

扁桃自身の病気としては急性扁桃炎、慢性扁桃炎、習慣性扁桃炎、伝染性単核球症等があります。
一方、扁桃病巣感染症としては、掌蹠膿疱症、 IgA腎症、慢性関節リウマチなどが挙げられます。

ビタミンAは、粘膜の新陳代謝には欠かせません。ビタミンCやビタミンB2、B6は粘膜の形成とかかわりがあり、荒れたのどの粘膜を回復させるのに効果的です。

うがいは水で十分ですが、市販のうがい薬を使えば、殺菌効果が高まります。また、お茶を使うのもひとつの方法です。

体力が弱っているとダメージを受けやすいので、規則正しい生活をし、バランスの取れた食生活して、咽喉の痛みの予防をしましょう。

急性扁桃炎に続発し、口蓋扁桃(こうがいへんとう)の周囲に炎症が及ぶことで起こります。30代の男性に多く発症してる傾向のようです。

あまり聞き慣れない病名であると思います。「扁桃自体はほとんど無症状か、軽い痛みや異和感がある程度ですが、

風邪をひくと、まず、のどがイガイガします。これは、風邪やインフルエンザの細菌やウイルスが咽頭(いんとう)や扁桃(へんとう)に感染して増殖を始めたということです。

特集
特集1扁桃腺炎の主な原因とは
特集2扁桃腺炎の主な症状について

トピック
トピック1のどが痛む時のうがい方法
トピック2のどの炎症を予防する

相互リンク集 1 2 3 4 5